愛知県名古屋市中川区にある塗り替え・外装塗装の「株式会社スペル」。まずはお問い合わせください。見積もりもしております

貯まる!使える!T-POINT お電話でのお問い合わせ052-485-9317
コンテンツ
  • おすすめの外壁リフォームのタイミング

おすすめの外壁リフォームのタイミング

定期的な外壁リフォームは、家の美観や機能を維持する役割を意味します。しかし、外壁リフォームをいつやったら良いのかの判断をするのは難しいのではないでしょうか?外壁リフォームのタイミングを覚えておけば、適切なタイミングで工事を施すことができます。

塗料や素材の耐用年数で判断!

外壁リフォームに使用する塗料は大きく分けて4種類あり、それぞれの塗料で耐用年数が変わり、外壁リフォームのタイミングも異なります。
アクリル樹脂塗料は約5~8年、ウレタン樹脂塗料は約8~10年、シリコン樹脂塗料は約10~15年、フッ素樹脂塗料は約15~20年を目安に塗替えが必要です。
また、外壁の素材によっても耐用年数は異なり、木・鉄部は約5年、サイディングのシーリングは約5~10年です。しかし、雨や風、紫外線のあたり具合で劣化スピードは変化しますので、劣化スピードの速い部分からリフォームを進めるようにしましょう。

劣化サインで判断!

年数が経つと外壁にダメージが蓄積され、光沢低下、チョーキング、ひび割れ、塗膜の浮きや剥がれ、シーリング劣化など、様々な劣化サインが現れます。光沢低下からシーリング劣化の順に劣化が激しくなっていきます。このような症状が現れたら、外壁が本来の機能を発揮できなくなっているサインと捉えて頂いてかまいません。これらの劣化サインを放置しておくと2次被害を招きますので、気づいた時に早めに外壁リフォームを行いましょう。

季節で判断!

外壁リフォームを施す際は、塗料を定着させるために一定時間乾燥させる必要があります。気温が15度~20度で湿度が75%以下の条件が、外壁リフォームに最も適した時期です。
そのため、雨の多い梅雨の時期、気温の高すぎる夏、気温の低すぎる冬は、あまり外壁リフォームには適していません。春や秋は空気が乾燥し塗料が乾きやすく、天候が安定しているため比較的塗装がしやすい環境です。天候に左右されやすい外壁リフォームは、春と秋が狙い目といえます。

名古屋にある弊社では集合住宅から戸建て住宅まで幅広く外壁リフォームを行っています。塗装は実績と経験が豊富な職人が担当致しますので、安心してご利用頂けます。外壁リフォームの料金や詳細について知りたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

外壁塗装の窓口

当社は厳しい審査基準を満たした「外壁塗装の窓口」の指定業者です!

メールフォームはこちら
外壁塗装 屋根塗装
株式会社スペルはこんな会社です
スタッフ紹介 会社概要 アクセス
Facebook
事業対応エリア 東海三県

その他の地域の方もお気軽にお問い合わせください

事業対応エリア

東海三県愛知県、岐阜県、三重県

その他の地域の方もお気軽にお問い合わせください

株式会社スペルはこんな会社です
スタッフ紹介 会社概要
アクセス Facebook
外壁塗装の窓口

当社は厳しい審査基準を満たした「外壁塗装の窓口」の認定業者です!

メールフォームはこちらから
株式会社スペルの外壁塗装 株式会社スペルの屋根塗装